FC2ブログ
スリリングな演奏
JKcafeでの演奏。。。

ピアノレス・カルテットだ。

フロントはアルト・サックスとクラリネット

ハイパーな両者なので曲も難しいんがやってきた。。。

特に【A列車で行こう】

まぁ普通にやれば何も難しくないんやけど藤井くんが妙なアレンジを書いてきた

この曲はAABAというごくごくよくある構成なんやけどこれをワン・コーラス目はAの部分を4分の3拍子、Bの部分を4分の4拍子、そして次のコーラスはまったく逆転させてAを4分の4拍子、Bを4分の3拍子になり、これをずーっと繰り返していくというもの。。。
2コーラスでワン・セット的な考え方やね。。

しっかり譜面も作ってあるので皆ぶっつけ本番でやってみる。。

久々に必死こいた

とにかく見失わんよーに譜面をしっかり睨みつける。。

普段譜面見ながら演奏することはあんまりないんやけどこんなのはやっぱ追いかけとかなヤバそな感じがした。

でもやってみるとこれがおもろいんや

10コーラスくらい回ると自然と譜面から離れることが出来たし。。。

慣れるまで難しいけどこれはええ勉強になった。。。
ぶっつけでやれたのも良かったと思う。。

そして7拍子の【マンテカ】
こいつは今日もスリリングやったなぁ。。。

ひとつ拍子抜くだけでこんなにスピード感増してスリリングになるんやから音楽っておもろいよね。。

このバンドはこれから変拍子、難アレンジ専門のユニットとしてやっていこーねと皆で誓う


メンバーはみな巧すぎるんでたくさん実地で鍛えてもらったわぁ。。


有難い


ええ汗かいたでぇ、ほんま。。。
スポンサーサイト



【2006/11/12 23:49 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
音を浴びせまくる
日本橋《ディスク・ピア》に行く。。
西山瞳さんのトリオのインストア・ライブ

彼女のCDを聴いて実際生で聴きたかったのとドラムが清水くんやったから。

西山さんのオリジナルはヨーロピアンなので清水くんのドラムがどんな感じに絡むのかすごく興味があった。。。

一曲目始まってしばらくするとついつい笑ってしまう。
いや、別に変やからって訳やないんやけどね。。

とにかくすんごいのなんのってもう!
ぶっとんでしまう!

彼のこの年齢でこんなにも出来上がってしまうのか。
老練な職人技というか芸術的というのか・・・・。
ほんまに素晴らしすぎてポカ~んとしてたんちゃうかなぁ。

演奏終わってからいろいろ話したけど自分の狙ってる音出す為に努力してんねんなぁと痛感。。

しかしかっこ良過ぎやでほんま

このトリオはもうだいぶやり慣れてるよーでかなり密度の濃い演奏を聴かせてくれました。

西山さんの曲ええわぁ・・・・・・・

風景画を見てるよーなそんな気にさせてくれます。


たっぷり酔いしれてから少し食事タイム

その後《じゃず家》へGO!

松浦美由紀さんと押領司由紀さんのバースデイ・ライブ

ベースになべさん、ドラムに河本くん。
みな知ってるのでなんか変な感じ。

割りとしっとりめの選曲だったよーに思う。

【君去りし後】【マイ・ロマンス】良かったな~
しかしそのしっとりしたバラードの最中にちびっこのシャックリが出始め焦る
変なパーカッションみたいな音奏でてしもてた。
すんませんm(_ _)m

そしてお客さんの中に佐々木さん(ギター)と大友くん(ピアノ)がいたのでぼくも一緒に飛び入りで2曲演奏させてもらう。

しっぶーい佐々木さん、凄すぎる大友くん。
なんなんでしょ、このお客さん達。

凄腕な方々です。

大友くんももう二十歳、清水くん二十三歳。

大阪のジャズ・シーンも捨てたもんじゃない。。。

全国区になって活躍してくれる日が楽しみだ!!


ほんでこんないい演奏をしょっちゅう浴びせまくられてるうちのちびっこ達はどーなってしまうのか・・・・

ええ迷惑なんかもしれんけど・・・・・・。

遅~までお疲れやったなぁ


【2006/11/12 01:42 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |