スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
チュニジアの夜
とにかくよく演奏する機会のある曲だ。

いろんなやり方がある。。

ラテン、4ビート、ロック風、ファンク、レゲエ・・・・などなど。

しかし《クリヤ・マコト》のアルバムで叩いてる大坂昌彦さんのアプローチ聞いた途端ピピーんときた。。

それそれそれそれ!!

それやねん!!

なんかこの曲やるたびに不具合を感じてたんがいっぺんに氷解したよーな気がする。。。

こーゆー感じでやりたかったってのを最上の形で示してくれた大坂さん。。


自由奔放なアプローチ


うろこがぽろぽろ。。
スポンサーサイト
【2007/03/01 05:11 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ライブ告知 | ホーム | >>
コメント
3月17日にセントジェームスで大坂さん聴きに行くんで楽しみにしております。以前ミスターケリーズに来た時に大坂さんの若い時のドラム教則ビデオにサインもらいました。
フロントへの絡みが凄いですね。江藤良人さんもこれが凄いです。バッチリはまってますね。ドラムがフロントをフレーズでリードしていたのにはおったまげました。ここまでドラムはメロディアスなのかと二人を聴いて激しいショックを受けました(笑)
【2007/03/05 11:08】| URL | kihachiro #- [ 編集 ]
kihachiroさん。。。
セント・ジェームスで大阪さんですか!!

もう目の前のかぶりつきですね(^▽^)
うらやましいです。。。

以前、東原力哉氏を見ましたけど圧倒的でした。。。
ドラム叩きながら客席で鳴ったケータイにいち早く反応しアドリブで物真似してましたよ。。。

泰然としてました。。。

大坂さんも江藤さんもほんとに凄いですよね。。
聴いてて鳥肌たってくる時があります(^▽^)

巧いドラマーは本当にメロディアスですね♪
【2007/03/05 20:56】| URL | ぽんぽこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。