スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
無意識の音
ふと思うたんやけど音楽って意識して音を奏でるっていうその更なる向こうに無意識の音が存在するんやないのかなぁ・・・。

知らぬ間に音を奏でてる。。。

それが理想。

まわりの音が耳から入り脳から手足に伝達する。。。

さぁどうしようか・・・

ああしようか、こうしようか。

それではだめなんだと思う。。

考えることはいいことやけどそれは練習の段階まで。

本番は絶えず白紙で耳に音が届くや否やもう手足が動いてないとダメ!

もちろん最初から最後まで練って練って造り込まれた音楽も存在するけどね。

音出すつもりがなくてもすでに音になってる・・・・

それが生きた音なんではないだろうか。

無意識に演奏してる。。。

すごく脱力して無重力のような状態で演奏するのがぼくの理想。。。

スティックに触れずに操ってみたい。。。
スポンサーサイト
【2007/09/14 22:22 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<優れもの。。。 | ホーム | 完璧なセッティング>>
コメント
まさに理想ですな~~。
スティックに触れずに操ってみたい・・・。

あたかも、剣をもたない宮本武蔵の領域ですな~。

さしずめ、私でいうと「無音で唄う(踊る)」ということでしょうか・・・。

ともかく貴殿の言うとおり、
アレコレ日々考え、試し、考え、稽古しぬいて・・

本番は真っ白な心でのぞみ、
その瞬間、瞬間に即応できるようになったら最高ですな。

セカンド・ラインで、頭真っ白になる程度ではあきまへんな~~。

がんばります。



【2007/09/15 13:32】| URL | あっきん #- [ 編集 ]
そやねんなぁ。
剣豪というか武道の達人とか高僧なんかのレベルになればスティックに触れず音を出すっていう領域に達するんやろなぁ。

実際には触れてなあかんねんけどその接地面積をいかに少なくして精密なコントロールするか。。

それがドラマー永遠の課題やと思う。。。

脱力・・・・・

これなんですよ!!
【2007/09/16 22:31】| URL | ぽんぽこ #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。